ストレスチェック

stress-txt1.jpg

 

そのチェック、医師・保健師等による実施になっていますか︖

安価なストレスチェックや、WEB版のストレスチェックは、分析結果を自動的に表示するのみで「医師・保健師等」による実施とはなっていないことがあります。せっかくストレスチェックを実施しても、分析結果を確認・判定し、アドバイス等を提供する「医師・保健師等」を別途、自社で確保しなければなりません。今⼀度、実施・検討している内容をご確認ください。(ストレスチェック制度詳細は裏⾯を確認ください)

 

料⾦︓1,000円(税抜、1名あたり)

  • 医師の判定も付いている料⾦です。会社全体のストレス診断、ストレスリスク表も上記価格内で提供いたします。
  • 社会保険労務士事務所だから出来る労働基準監督署への提出等、オプション料⾦はお問い合わせください。

 

【注意】

厚生労働省提供のストレスチェック実施プログラムや職業性簡易ストレス調査票のままだと、法令要件を満たせない場合があります。業者によっては「職業性ストレス簡易調査票」をそのまま使⽤している可能性があるため、法令要件を満たしているか確認が必要です。
当事務所が提供する診断は、法令が求める要件全てに対応しています。労働法と人事労務の専門家である社会保険労務士で構成する全国組織が開発した診断なので、細部にわたって法令と実務への配慮が盛り込まれており、⼀部上企業や⾏政機関、200以上の会社様でも導入されております。

 

そもそも「ストレスチェック」とは?

 

stress-check01.jpg

ストレスチェック制度とは、定期的に労働者のストレスの程度を検査し、その結果に基づいて医師による⾯接指導を実施し、医師の判断に応じて労働者の働く環境を改善させることを事業者に義務化する制度ともいえます。

stress-check02.jpg 対象となる従業員とは︖
義務化の対象となるのは、従業員数50名以上の企業職場に常時雇⽤される従業員です。「契約期間1年以上」「労働時間数が所定労働時間の4分の3以上」という要件のいずれも満たすパートやアルバイトも含みます。
 

 

txt.png

 

ar.png

 

discussion.jpg