社会保険労務士
Specialist in social insurance

メリットその1

コスト縮小の労務管理指導、トラブル抑制


社員から不満や疑問が経営陣にぶつけられるようでは本業に注力できません。しかも、トラブルが発生すると対応に数百、数千万のコストと経営者の時間を浪費します。会社様は本業に注力していただき、諸手続きはお任せください。その結果、従業員様にもお得になる場合も多いです。合わせて労働トラブル対応、会社を守る就業規則作成も自信を持って行います。

メリットその2

但馬地域最大規模だから安心


弊所は、但馬地域最大の従業員数で対応しております。組織の総合力で幅広くサービスを提供し、御社担当者に万が一ケガなどあっても、しっかりサポートを継続できます。

メリットその3

行政調査に強い


幅広い対応地域により、行政調査についての対応力に自信があります。しっかりした法律的知識を持ち、組織力を活かし、最大の調査対応力を発揮します。

メリットその4

法務書面のプロ、行政書士事務所も併設


社会保険労務士試験では、憲法や民法、会社法などの知識が求められません。これでは広い視野を持った経営アドバイスができませんが、それらをカバーする行政書士資格での事務所も併設しております。労働分野を超える知識をベースにアドバイスを行い、関連して必要な法務書面の作成も幅広く行うことができます。

業務のご案内

助成金のご提案
Grant proposal

知らないと損をする助成金・・・
弊所が助成金のご提案から、申請、受給までトータルでサポートいたします!!

■助成金のご案内

■助成金に関してよくあるお悩み

■助成金の診断

・まずは助成金診断から始まります。社会保険労務士が御社に該当する助成金をご提案させていただきます。

■申請書の作成・提出

・申請書の作成、提出にはタイミングがあります。ヒアリングに基づいて弊所で書類を作成し、提出まで弊所が代行いたします。

■審査・受給の可否決定

・助成金は申請をすれば必ず貰えるというわけではありません。申請書の内容や審査結果によっては助成金が出ないこともあります。弊所では豊富な助成金実績から、貰える確率が最も高くなうように最適な書類等の作成をしていきます。

■受給

助成金は国等から直接御社の銀行通帳へ振り込まれます。



就業規則の作成
Creating the rules of employment

就業規則の作成・届出、見直し、労働時間管理等のご相談をお受けいたします。

①就業規則の作成

労働基準法は、常時10人以上の労働者(パートタイマーを含む)を使用する使用者が就業規則を作成することを義務づけています。もちろん、10人未満の事業場でも作成することはかまいません。むしろ、作成しておいた方が会社にとってメリットがあります。
例えば、中小零細企業ではどうしても会社のルールが曖昧です。その会社のルールをはっきりさせることができます。また、ルールをはっきりさせることにより、事前に労使のトラブルを防止することができますし、よい人材も集めやすくなります。
実際にオリジナル就業規則の作成には、最低2〜3ヶ月はかかります。会社のトップの方に対する2〜3回程度のヒアリングと条文の作成、チェック、完成後の会社従業員への説明会も弊所で行いますので、ご連絡ください。

②就業規則の届出

前述の通り、労働基準法で定められている10人以上の事業場の場合は、作成した就業規則を労働基準監督署に届け出る必要があります。これについても、作成を承った場合は、併せて「就業規則(変更) 届」や「意見書」の作成、提出代行まで弊所で行います。

③就業規則の見直し

労働関係法令は毎年のように改正がされています。古い就業規則は、最新の労働関係法令には、適合しておらず、それが原因で従業員とのトラブルが発生する可能性もあります。できれば、数年に一度は就業規則の見直しを行った方がよいでしょう。  就業規則の見直し(変更)とその後の手続き(労働基準監督署へ「就業規則(変更)届」や「意見書」の作成、提出代行)についても弊所で行うことができますので、必要な場合はご相談ください。

④就業規則の改定

 会社のルールの見直しに伴う就業規則の改定が必要になった場合、弊所で作成(見直し)した就業規則については、契約期間中であれば無料で何度でも改定を行いますので、ご連絡ください。

⑤労働時間管理の見直し

労働時間については、労働基準法で多くの規制がありますが、1か月単位の変形労働時間制、1年単位の変形労働時間制、フレックスタイム制、1週間単位の非定型的変形労働時間制、みなし労働時間制、専門業務型裁量労働制、企画業務型裁量労働制といったいろいろな制度も設けられています。会社にあった労働時間管理を行うことで、残業代の節約を行うことができる場合もありますので、必要な場合はご相談ください。

⑥その他の労務管理や就業規則のご相談

従業員の募集、採用、労働契約、人事異動、休暇、退職、健康診断、健康管理などに関すること、その他の労務管理や就業規則、社内規則に関するご相談も承ります。

⑦賃金制度や退職金制度の見直し

賃金制度や退職金制度の見直しについても、ご相談を承ります。なお、賃金制度や退職金制度の見直しを行う場合は、別途費用がかかりますので、ご了承ください。

未払い残業対策
Measures unpaid overtime

これから残業代のトラブルを避けるために、事前に「未払い残業対策」や「労働基準監督署の臨検・是正勧告対策」をする事が必要です。弊所では、こうなる前、なった後の改善策のお手伝いを致します。

残業代をきちんと支払っていますか?
会社の給与体系は、きちんと「時間外労働」と「それ以外」がはっきりと分かれていますか?

・社員には残業代を払わない旨を伝えてあるから大丈夫!
・サービス残業は他社もやってるし・・・
・今まで当社では問題が起きた事ないので大丈夫!

経営者様がこういった意識でいると、後々トラブルになりかねません。

例えば、退職した従業員さんが労働基準監督署に行き、労働基準監督署の立ち入り調査が行われ、割増賃金不払いが発覚、莫大な割増賃金の支払を命じられるケースは少なくありません。

弊所にお任せ下さい。スピーディーに解決いたします!!


まずは、基本的に残業となるのは以下の場合です。
1.会社が残業を命じた
2. 従業員がこれに従って労務を提供した
上記の二つの要件がそろわないと「残業」以前に、「労働時間」として、認められないわけです。
つまり、従業員が「勝手に残った」のであれば、それは「ボランティア」のはずです。もちろん、従業員が残ることを「黙認」していた場合は、会社に責任がありますので、ご注意ください。

■現状調査

・就業規則、賃金規定のチェック
・賃金台帳、タイムカード(出勤簿チェック)
・未払い残業代の有無のチェック、債務の確定

■改定案のご案内

・就業規則、賃金規程等の変更と手順の提案
・債務の整理(払うべきものは、払ってしまいましょう)

■改定案の導入

・従業員様、労働組合への導入説明

■導入、運用フォロー

・未払いが発生しない運用を一緒に行います。

個人向け公的年金に関するご相談
Advice on personal pension

年金は、黙っていてももらうことはできませんし、役所から連絡が来るわけでもありません。役所へ「年金をください」と請求して初めてもらうことができるのです。その請求を「裁定請求」と言います。しかし、裁定請求にはいろいろな書類が必要で、その書類を揃えるのもたいへん面倒なことです。 大切な年金は一度専門家に相談しておくと安心です。弊所では、年金相談そして裁定請求の代行を行っています。

行政書士及び社会保険労務士には守秘義務が課せられていますので、依頼者の相談内容が他に漏れることはありません。ご安心して弊所へご相談下さい。

■年金請求手続きの流れ

・退職前
年金事務所等で自分の年金の加入暦を検索して、その加入暦に誤りがないかを確認します。あわせて、年金の見込み額も確認します。
・受給年齢が近くなったら
裁定請求書に必要事項を記入し、受取る金融機関で口座の確認印を押してもらいます。
・受給年齢を迎える誕生時の前日以降
必要な添付書類をそろえ、裁定請求書とともに提出します。
(年金の請求は、原則受給開始年齢を迎える誕生日の前日から受付けてくれます。)
・裁定請求手続から一~二ヶ月後
年金証書と年金裁定通知書が送付されてきます。
・さらに一ヵ月後
最初の年金が指定口座に振り込まれます。以後偶数月の15日に振り込まれることになります。
・現況届
毎年、年金受給者の生存を確認するため、現況届を提出することになっています。提出用のはがきは年金機構本部から送られてきますが、これを提出しないと年金が止められますので、注意してください。

労務のご相談、アドバイス
Labor consultation, advice

「はじめて社会保険や労働保険に加入する。さて何をどうすればよいのやら・・・」
こんな不安は感じさせません!!

・社会保険への加入手続き⇒書類の作成、提出代行いたします!!
・労働保険への加入手続き⇒書類の作成、提出代行いたします!!

「給与計算や社会保険料、労働保険料の計算…」
こんな面倒なことは弊所にお任せください!!

・給与計算業務
  ⇒専門会社を併設「株式会社リライエ」ページをご覧下さい

・社会保険料の計算
・従業員の給与に変更があった時
・従業員に賞与を支払う時
・労働保険料の計算
・36協定(時間外・休日労働に関する協定届)や
  1年単位の変形労働時間制の労使協定
・労働者名簿や労働条件通知書などの書類作成の
  ご相談等
・社名や代表者を変更したとき

従業員募集時のハローワークへの求人票の作成、提出代行から、入社後の社会保険・労働保険の手続きまで、弊所が処理いたします!

・従業員を募集したり、採用するとき
・従業員を社会保険、労働保険に加入させるかどうかの判断
・従業員を新しく雇ったときの社会保険と労働保険の手続き

すべてお任せ下さい!!


・従業員募集時のハローワークへの求人票の作成、提出代行から、入社後の社会保険・労働保険の手続きまで、弊所が処理いたします!


・従業員の引っ越し、結婚などでの氏名変更、被扶養者が増えたまたは減ったなどの場合の手続きから、 健康保険被保険者証や年金手帳をなくしてしまった場合などの手続きも弊所が処理します 


・仕事に関係ない病気で従業員が4日以上休んだ。それでも会社は給料を払わず、従業員も安心!弊所が会社に代わって健康保険の傷病手当金を申請します! 


・従業員が仕事中に怪我をした。こんなときには手厚い補償の労災保険を使えば、原則、会社も従業員も費用負担なしで治療が受けられます! 


・今後も国の少子化対策は充実の方向です。従業員の復帰を願って、安心して産休を取らせてあげることも会社の責務です。


・今後は中小零細企業ほど高齢者を活用する必要があります。そんなときに給与、年金、給付金のバランスをいかにとるか。弊所が適正給与をご提案します。  


・会社はやむを得ず従業員を解雇しなければならないこともあります。そんな


・とき、トラブルにならないように事前にご相談ください。もちろん退職の手続きもお任せください。

いきなりの労働基準監督署からの呼び出しや調査。何をどうしていいのか・・・そんなときにも弊所は会社の心強い味方です!! 

その他にも・・・
・行政調査への対応
・労使協定の作成
・従業員への相談対応
・情報提供のサービス
など、安心して業務に専念していただける環境作りのお手伝いをさせていただきます。