お知らせ

障害者雇用率を段階的に引き上げる方針 民間企業では令和8年度に「2.7%」に(労政審の障害者雇用分科会)

 厚生労働省から、令和5年1月18日開催の「第123回 労働政策審議会障害者雇用分科会」の資料が公表されました。今回の議題に、「障害者雇用率について(案)」が含まれており、注目を集めています。提示された資料には、たとえば、次のような方針が示されています(資料1-1「令和5年度からの障害者雇用率の設定等について」より)。

1.新たな雇用率の設定について
●令和5年度からの障害者雇用率は、2.7%とする。
 ただし、雇入れに係る計画的な対応が可能となるよう、令和5年度においては2.3%で据え置き、
 令和6年度から2.5%、令和8年度から2.7%と段階的に引き上げることとする。

●国及び地方公共団体等については、3.0%(教育委員会は2.9%)とする。段階的な引上げに係る対応は民間事業主と同様とする。

2.除外率の引下げ時期について
●除外率を10ポイント引き下げる時期については、昨年6月にとりまとめられた障害者雇用分科会の意見書も踏まえ、
 雇用率の引上げの施行と重ならないよう、令和7年4月とする。


 詳しくは、こちらをご覧ください。

<第123回 労働政策審議会障害者雇用分科会(資料)>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_30341.html